ログイン

カート

商品数:0点

合計金額:0円

カゴの中を見る

ラグナロクモバイルサイト

コンセプト

コンセプトトップ

ラグナロクの世界観と定義

シルバーアクセサリーブランド「Ragnarok」は日本を含め世界の神話や自然崇拝(アニミズム)をモチーフに曲線と直線を交えた造型美にこだわって、和洋折衷的な独自の世界観をもって展開していきます。
そして、それをブランドの原点として未来に向かってぶれないデザインで、古さや新しさを超え、お客様に末永く愛用される定番アクセサリーを世の中に輩出し続けることを目指します。

流行り廃れが激しいこの時代、この業界で「モノ」を作るのではなく、「価値」を創る心を大切にしていきたいと思います。

各モチーフの世界観

ゴッド
ゴッドモチーフ
ブランド「ラグナロク」の象徴的モチーフ。
クロス(神)に無数の天使が群がる姿をイメージし、神聖不可侵の絶対的な存在感をアピールしたデザインにこだわりました。
またラグナロクのキャッチコピー『God breathe you...』(:神のご加護を)は主にこのモチーフからイメージし、生まれたものです。
天狼
天狼モチーフ
日本では古代から狼を大神として祀っていた地域もあります。
中国では天狼星は地上から見える最も明るい恒星。
狼の気高い表情と和様のバランス、神聖な雰囲気にこだわり、北欧神話に登場する巨大なオオカミの姿をした『フェンリル』をイメージしてデザインしました。
獅子
獅子モチーフ
日本に古来より伝わる聖獣。
ライオンが元になっている伝説上の生き物。
これにちなんだ『獅子王』というフレーズは、日本では源頼政が鵺(:ぬえ)退治の褒美として貰った刀の名称で、中世ヨーロッパでは偉大な王に対して呼ばれた尊称、異名の一つです。
その中でも特に生涯の大部分を戦闘の中で過ごし、その勇猛さから『獅子心王』と称された英雄リチャード1世(イングランド王)をこの作品では強くイメージし、たてがみを和の焔で表現することにより和洋のバランスを意識してデザインしました。
焔モチーフ
語源は火群(ほむら)。
心中に燃え立つ激情に例えられることも。
旧約聖書に語られる、神の怒りを買った古代都市ソドムとゴモラを焼き尽くした「メギドの火」、古代の炎をイメージし、和様なデザインで仕上げました。縄文土器にもモチーフとして使われています。
桜モチーフ
日本の国花。
桜は往々にして葉が出そろう前に花が咲きそろう。
この「何もないところに花が咲く」という状態に、日本では古来より「生命力の強さ」を感じ、親しみ愛され続けています。
語源に春にやってくる稲(サ)の神が憑依する座(クラ)だからという一説があります。
語源の他説にある「咲く」に複数を意味する「ら」を加えたものという一説をイメージしデザインしました。
メデューサ
メデューサモチーフ
ギリシャ神話に登場するゴルゴン三姉妹の一人。
海神ポセイドンを純粋に愛したと言われています。
元々、美しい女神であったが、傲慢さがアテナの怒りにふれ、醜い怪物にされてしまった悲しい伝説をもっています。メデューサの本来の美しさと儚く悲しい表情にこだわり、無数の蛇がそれを愚弄するかのように絡まるデザインに仕上げました。
スター
スターモチーフ
古代バビロニアを発祥とする占星術を起源とし、現代の星占いを含め、古くから「星」は人の世を占う母胎として畏怖されてきました。
そして「星」はギリシャ神話をはじめ、数々の神話を産み出す母胎となってきました。
そしてこの「スター」は私が初めて制作したシルバーアクセサリーに少しアレンジを加えたもので、この先も数々のラグナロク作品を産み出してゆく母胎であり原点であり続けると思います。
福音
福音モチーフ
福音(エウアンゲリオン)とは、イエスキリストの言語録です。
ギリシャ語で「良い知らせ」または「喜ばしい事を伝える手紙」などを指しています。
このモチーフは主にペアなどで身に付けてもらいたいと思い、全体的にジュエリー色を強くし、シンプルながら、天使の羽をデザインし、身に付けた人達に天使が幸運や良い知らせを運んできてくれるようにとの願いが込められています。
このページのTOPへ